2009年07月08日

携帯の防水性能に過信は禁物!?

昨年春、解禁の渓流釣りで携帯を川にポチャンしてしまい、防水のW61CAに買い替えました。
あれから1年ちょっと使用して、先日ふと気付いたら充電器刺す所のパッキンが無くなってた。
キャップを開ける時の抵抗感で気付いたので外れてからそう時間は経ってないはず。。。
ベッド周りとかを探したけどパッキンは見つからず、諦めてauショップに持って行って修理となりました。

修理に出したのが日曜日、先程ショップから電話がかかってきて「基盤に腐食があったので交換修理になりますが」
と言われた。キャップのパッキンが無いのに気付いてから水には浸けてないし、それ以前1ヶ月くらいも
水に濡らした記憶は無い、という事はパッキンが無くなる以前に浸水して基盤が腐食したんだろう。
確かに防水携帯だからと風呂でワンセグ見たり川に浸けて水中撮影したり(水深20cmくらい)したけど
そんなもんで浸水しちまうとは。。。修理出す前に見たピンクのシールは滲んでなかったのになー。

交換修理の費用は安心ケータイサポートに入ってるので5,250円との事、まぁ機種は気に入ってるし
ポイントで支払いも出来るとの事なので修理をお願いした。
防水とはいえあまり過信しちゃダメみたいだなー



posted by まっつん | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記