2015年06月18日

キッチンの水栓交換DIY (TOTO TKW31P → INAX RJF-771Y)

IMG_2285.JPG

昨年末頃からまっつんはメインのクレジットカードを楽天カードからReader'sカードに変えたのですが、このリーダーズカードは溜まったポイントをAmazonギフト券に変えると還元率が良いという事で導入しました。

半年ほど使って溜まったポイントをAmazonギフト券に交換してみると24,000円分になりました!
さ〜てなに買おうかな〜、カメラのレンズか、車のパーツか!?なんてと考えていると、以前から奥さんが「キッチンの水道ちょっと水が漏れる」と言っていたのを思い出す…

よし、今回は水栓を交換しよう!
IMG_2256.JPG

我が家のキッチンに設定されている水栓は、所謂ワンホールタイプのシングルレバー混合水栓というやつで、レバーを上げると水が出て、レバーを左右に回すと水とお湯が切り替えられたり混ざったりするタイプです。
最近使っていなくても若干水漏れがあるらしく、根元部分に水が貯まる事があるそうで。
どっかのパッキンが劣化しているのか、部品交換でも直りそうな気がするけどどうせなら今主流のシャワー切り替えができて先端が引き出せる浄水器内蔵タイプに変えちゃおう!

交換するにあたって選定は早いもんでした。
「安いやつ」
今ついてるタイプの混合水栓だと安いものは1,500円くらいから、シャワーの伸びるタイプで5,000円くらいからあるようです!意外と安い!
しかし浄水機能内蔵タイプになるといきなり16,000円くらいからという価格設定!なぜ!

これなら浄水器別に買ったほうが安いんじゃないか!と思って検索してみたけど、よくある後付の出口部分に取り付けるタイプはスマートじゃないし何よりシャワー水栓には付かない、据置型で元の部分に付けるタイプを探してみるとこれはこれで種類があまり無い上に値段が結構するのでだめだー。

という事で浄水器内蔵タイプで値段も安くレビューも多いINAXのRJF-771Yにする事に。
商品画像にある取り付け寸法の画像で必要な穴径や取り付け部分の対応厚み等を確認、TOTOのサイトからTKW31Pの説明書PDFをダウンロードして確認して今の穴に取り付けられそうなことを確認。

ちなみに今使っている水栓は、以前グラグラするという事で取付部の裏側に板の補強を入れたのでちょっと厚めになっているけどTKW31Pも771Yも厚さ30mmまで対応となっているので大丈夫そう。

早速注文!と思ったら商品の下の「よく一緒に購入されている商品」に浄水カートリッジのJF-20-Tが表示されていました。
カートリッジ3本で1年分。あれ?これって本体に初めは1本カートリッジついてないのかな?
商品説明を見ても付属カートリッジについては分からず、ま、どうせ必要なもんだし一緒に買っておこう。
水栓が16,365円+カートリッジ3本セットが7,798円の合計24,163円、ポイント分ぴったり!

注文を入れて2日後、無事商品が到着。
予想はしてましたがやはり商品に浄水カートリッジが1本付属していました。

早速交換作業開始。
まっつんの家はマンションなんですが、シンク下の水道管部分には水を止めるコックがないので廊下のところにある大元の元栓を閉めます。
IMG_2255.JPG
ここを閉めて作業をしないとホースを外した途端に大惨事ですからね

■古い水栓を外します。
IMG_2256.JPG
長い間ご苦労様でした。

根本のネジ隠しのリングを回してネジが見えるようにして、六角レンチで緩めます。
IMG_2291.JPG

イモネジが外れたらシンク下の水道管接続部分を外します、外す時に中に残ってる水が出るので下にバスタオルを敷いて洗面器を設置して受けました。
IMG_2261.JPG

古い水栓を上に引っこ抜き
IMG_2262.JPG

台座の金具を外します。
IMG_2263.JPG

せっかく外したので汚れを落とします。
IMG_2264.JPG

古い水栓用のワンタッチ逆止弁を外します、メーカーが違うので流用は出来ません。
IMG_2292.JPG

■新しい水栓の取り付け
台座の金具を差し込んで固定します
IMG_2293.JPG
プラスドライバーである程度締めたあと、スパナで増し締め、しっかり閉めないとぐらつきの原因になると注意書きがありますが、締めすぎにも注意とも書かれています。

新しい水栓を差し込んでいきます。
IMG_2271.JPG
ここでトラブル発生、上の古い水栓の台座取り外し後の写真を見ていただくと分かるのですが、元々シンクに開いていた小さい穴を無理やり拡張して今の水栓用が取り付けられていた様で、穴が真円ではありません。
ところどころにギザギザしたバリが出ていたのですが、これが曲者でした。
新しい水栓は水IN・湯IN・シャワーOUT・シャワーINと4本のホースがこの穴を通るため、きっちりと金具の分の穴が開いていないと水栓と一緒に差し込む樹脂カバーがはまりません。
穴を拡張する作業にちょっと手間取りましたがなんとか拡張完了、ステンレス固い!


無事差し込めたら古い水栓と同様に根本をイモネジで固定し、カバーを回転させてネジを隠します。
IMG_2272.JPG

あとはシンク下で配管を接続するだけです、新しい逆止弁を装着して
IMG_2273.JPG

ホースを接続します、前のものは差し込めばワンタッチでカチャッとロックされましたが、今回のものは差し込んでクリップで留めます。
IMG_2276.JPG

樹脂部品を経由して引き出しホースを接続
IMG_2294.JPG

無事接続できたら緩み等が無いか確認して外の元栓を開通
IMG_2280.JPG

漏れがない事を確認して
IMG_2281.JPG

説明書のとおりにダミーカートリッジ装着を確認して水を出し、ストレーナーの掃除、その後浄水カートリッジを装着。

完成〜

およそ1時間ちょっとくらいの作業でした。
取り付け穴の拡張作業が無くすんなり取り付けられれば3〜40分程度の作業ですね。

これでシンクの端っこを流すのも簡単に!
浄水機能もちゃんと働いているようです、水を飲んではっきり体感出来ました。
奥さんも喜んでくれたので良かった!




posted by まっつん | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック